2016年10月19日

「実用ベスト 君が代」


本当は「君が代のすべて」を買おうかと思っていましたが、あれは逆に「普通の君が代の音質のいい録音」が少なそうだったので……何はさておきまずはこれだろうということで。

実用ベスト 君が代(仮)

実用ベスト 君が代 [ (教材) ]

収録トラックは、
1. 君が代 (斉唱・前奏付オーケストラ伴奏) (混声合唱編)
2. 君が代 (混声四部・前奏付オーケストラ伴奏) (混声合唱編)
3. 君が代 (斉唱・前奏付ピアノ伴奏) (混声合唱編)
4. 君が代 (混声四部・前奏付ピアノ伴奏) (混声合唱編)
5. 君が代 (斉唱・前奏付吹奏楽伴奏) (混声合唱編)
6. 君が代 (混声四部・前奏付吹奏楽伴奏) (混声合唱編)
7. 君が代 (斉唱・無伴奏) (混声合唱編)
8. 君が代 (混声四部・無伴奏) (混声合唱編)
9. 君が代 (斉唱・前奏付オーケストラ伴奏) (児童合唱編)
10. 君が代 (斉唱・前奏付ピアノ伴奏) (児童合唱編)
11. 君が代 (オーケストラ伴奏) (伴奏編)
12. 君が代 (ピアノ伴奏) (伴奏編)
13. 君が代 (前奏なし・オーケストラ演奏(1回)) (インストゥルメンタル編)
14. 君が代 (前奏なし・オーケストラ演奏(2回)) (インストゥルメンタル編)
15. 君が代 (前奏なし・吹奏楽演奏(1回)) (インストゥルメンタル編)
16. 君が代 (前奏なし・吹奏楽演奏(2回)) (インストゥルメンタル編)
17. 君が代行進曲 (マーチ)
合唱だけでも10ヴァージョン収録。
「普通の君が代」のCDとしては豪華かと。

同じ歌ばかり10回も聴いて飽きないかというと、これが意外と飽きないものですね。
まあ、聴き方が普通の音楽というより、瞑想音楽がわりですから、アレですがw
リラクセーションが売りのはずのふよ~んほわ~んな電子音楽もかえってイライラすることはいくらでもあるわけで。
それに比べれば心地よさしかない名曲です。

しかしまた、当方のような半スピ系ブログで、どうしていきなり君が代なのか、ですが……

音霊だー、言霊だー、波動だー、というオカルト謎理論が百万歩譲って本当だとしたら、君が代の「波動」というのはどんなものでしょう?
とりあえず雑音を無視して政府公式見解を見てみますが、
日本国政府の公式見解は、国旗国歌法が提出された際の1999年(平成11年)6月11日の段階では「『君』とは、『大日本帝国憲法下では主権者である天皇を指していたと言われているが、日本国憲法下では、日本国及び日本国民統合の象徴である天皇と解釈するのが適当である。』(「君が代」の歌詞は、)『日本国憲法下では、天皇を日本国及び日本国民統合の象徴とする我が国の末永い繁栄と平和を祈念したものと理解することが適当である』」としたが、そのおよそ2週間後の6月29日に「(「君」とは)『日本国憲法下では、日本国及び日本国民統合の象徴であり、その地位が主権の存する国民の総意に基づく天皇のことを指す』『『代』は本来、時間的概念だが、転じて『国』を表す意味もある。『君が代』は、日本国民の総意に基づき天皇を日本国及び日本国民統合の象徴する我が国のこととなる』(君が代の歌詞を)『我が国の末永い繁栄と平和を祈念したものと解するのが適当』」と変更した
スピリチュアル的にも日本の祭祀の中心であらせられる天皇・皇室の弥栄を祈念し奉ると同時に、その天皇・皇室の祈りに守られている皇国そのものを寿ぐ、というのが君が代です。
参拝の作法として、自分のことだけをアレコレ頼むのは良くない、共同体全体の繁栄を願うことで自然に自分にも良いことが云々、などということがよく言われますが、君が代の歌詞はまさにそれを地で行く「祈り」ではないでしょうか。

世界には戦闘的な国歌がいくつもあります。
砲弾が赤く光を放ち宙で炸裂する中
我等の旗は夜通し翻っていた
ああ、星条旗はまだたなびいているか?
自由の地 勇者の故郷の上に!
世界の国歌・行進曲:アメリカ国歌
武器を取るのだ、我が市民よ!
隊列を整えよ!
進め!進め!
敵の不浄なる血で耕地を染めあげよ!
起て!起て!起て!
万人が心を一つにし
敵の砲火に立ち向かうのだ!
敵の砲火に立ち向かうのだ!
進め!進め!進め!
世界の国歌・行進曲:中国国歌
これら勇ましい殺戮の歌に比べて、わが国歌のなんと平和的で荘厳なことでしょうか。
まさに愛と平和と祝福の「波動」に満ちているとでも言わざるをえません。
もちろん武器を取って戦うことにはそれはそれでまた別の価値があり、現在ただいまの我々にとっても憲法改正や防衛予算の倍増などは急務ですが。
それはそれとして、スピ系謎理論的な価値にかんしては、君が代の「波動」にこそ、注目せざるをえないように思います。

しかもメロディーは「レ」で始まって「レ」で終わる。短調でも長調でもない、日本古来の雅楽のそれを踏まえたものです。
(雅楽のルーツは大陸とも言えますが、50種類以上の楽器を使っていた唐楽も、日本においては楽器も十数種にまで減らされ、音楽理論も日本化され、まったく日本人の好みに合うように魔改造されました。大陸で唐が滅んで雅楽が途絶したも、日本は日本独自でその伝統を守りつづけてきたのですから、もはやまぎれもない日本の伝統音楽です)

これが波動的に良くないはずがないでしょう。

君が代については様々な妄説が垂れ流されていますが、そのほとんどはわが国を滅ぼさんとする共産売国奴や敵国のスパイの政治的誹謗中傷にすぎません。
歴史的変遷をへて定着した
君が代は
千代に八千代に
さざれ石の
いわおとなりて
こけのむすまで
という美しい歌詞とその意味を、素直に受け止め、波動的に共鳴することは、日本人としてはもちろん、スピ系謎理論的にも、素晴らしいことではないでしょうか。

ということでBGMに流してみたり、安静状態でヘッドフォンで聞いてみたりしましたが……

kimi2.jpg

聴き始めたころから、突然、急に、何の前触れもなく、今月のアフィリエイトが面白いことになってきましたw
もちろんいうまでもなくただの 偶 然 ですが……
タイミング的にはなかなか面白かったので気分は良いです。

……それともまさかこちらの効果でしょうかしら!?!?!?

まあ、冗談はホドホドにするとしても。
パヨクの嘘捏造がバレ、国民の覚醒がはじまりつつある現在。
いやしくも日本国民たる者、君が代CDの1枚や2枚は持っていても損はないでしょう。
極めつけの名曲には違いないのですから、ね……


実用ベスト 君が代(仮)

実用ベスト 君が代 [ (教材) ]


ラベル:皇室 国歌
posted by hemhem at 15:46| 祝詞・雅楽・神道・皇室 | 更新情報をチェックする